色々インプレ

タグ:撮影機材 ( 57 ) タグの人気記事

我が家のデジスコシステム2009

a0049195_14122586.jpg
デジカメWATCHでコーワのデジスコデジボーグなんかが記事になってたので、ビクセンユーザーとしては黙って見ているわけにもいかずwちょっとだけバージョンアップしたうちの機材を紹介しておこうと思います。

今年の我が家のデジスコセットは、何が違っているのかと言うと…
ズバリ!自作ヒップサポートが付きました。
以上w

More
[PR]
by o-n-o2 | 2009-02-07 15:01 | TOOLS

続Photomatixのインプレ

a0049195_1403412.jpg
PENTAX K100D Super / DA FISH-EYE 10-17mm

3.0日本語版のインプレのつづきです。とりあえずお約束の「HDRイメージを生成」~「トーンマッピング」
うちの環境だと何故か縦位置で撮った写真だけエラーが出て落ちちゃってたんですが、一旦アンインストールしてからウィルスバスターを終了してPhotomatixを入れなおしたら直りました。
似たような症状の方は、アンチウィルスソフトや常駐ソフトを切ってから入れなおすと直るかも。

More
[PR]
by o-n-o2 | 2009-01-24 02:01 | TOOLS

マズイ買い物をしてしまったかも

a0049195_16483247.jpg
PENTAX K20D+AF540FGZでマニュアル撮影→LR現像

K20D+A540FGZの組み合わせがどうにも使い難いので、その後色々試していたら、面白い…というか悲しい事実を発見してしまいました(;´д⊂)

More
[PR]
by o-n-o2 | 2009-01-18 17:15 | TOOLS

外付ストロボ比較してみました

最近買った外部フラッシュが立て続けに初期不良だなんて信じたくないので、ストロボの知識に乏しい初心者が、な~~んか勘違いしてるんじゃないかと思い、同一条件で撮り比べしてみました。

 ・撮影は全てMモード。(マニュアル撮影ですが念の為、3機種とも分割測光にしてあります)
 ・カスタムホワイトバランスはその場で新鮮な白を撮り直してます。
 ・バウンス角度は全て↑90度。
 ・ニコンはi-TTLモード、ペンタはP-TTLモードで、いずれも発光量は補正無し(±0)です。

a0049195_11251253.jpg
Nikon D40+キットレンズ+SB-400
ISO200 35mm(35mm換算で52mm) F5.6 1/160秒

a0049195_11254199.jpg
PENTAX K100D Super+キットレンズ+AF540FGZ
ISO200 35mm(35mm換算で52mm) F5.6 1/160秒

a0049195_1126117.jpg
PENTAX K20D+キットレンズ+AF540FGZ
ISO200 35mm(35mm換算で52mm) F5.6 1/160秒

a0049195_11261672.jpg
Nikon COOLPIX P5100+SB-400
ISO200 12.9mm(35mm換算で60mm) F5.5 1/125秒

(↑4枚はJPEGで撮影したものをフォトショでリサイズした画像です)

K100Dスーパーと同じ条件でもK20Dが暗く写るのは気になりますが、こうして並べてみると、特に初期不良というわけではなさそうですねぇ…。これはストロボが悪いんじゃなくて、使い方が悪い可能性の方が高いのでwもうちょっと色々試してみようと思います。

以下、撮影風景など
[PR]
by o-n-o2 | 2009-01-18 12:10 | TOOLS

オートストロボAF540FGZのインプレ

a0049195_0383955.jpgペンタックス純正の外部フラッシュを買ってみました。
が、なんだかちょっと変…。

あ、先日通販で買ったシグマのストロボですが、、購入店に聞いたところ、メーカーに確認してみたら、どうやら初期不良の可能性があるとのことでした。
で、一旦購入店に返送して、そこからメーカーに返送して、その後修理交換などとなると、手元にブツが届くのは1週間以上かかってしまいそうなので、一旦返金してもらいました。

まぁ、こういった品質管理のリスクをユーザーが負うことによって低価格を実現しているフシもありますので、そういうのが嫌な人は、純正品を購入したほうがいいと思います。

ちなみにシグマのEF-530では、ちょっとパワー有りすぎまして、我が家の環境ではマニュアルフル発光だと豪快に白トビしてしまってたんですよ~。かと言って1/16発光では暗すぎますし…。この2段階しか調整出来ないのがなんとも歯がゆかったんですよねぇ。
期待してたTTL調光の正常動作は見られぬままとなってしまいましたが、ちょうどお金も戻ってきたことですし、もうちょっと細かく光量補正が出来る機種を買いなおすことに予定を変更しちゃいました。



そんなわけで↓こういう写真を撮りたかったのですが……
a0049195_0394654.jpg
ちなみにこれはD40+SB-400で撮ったものをLightroomで補正してあります。
ニコンのi-TTL調光で光量補正は+0.3。

More
[PR]
by o-n-o2 | 2009-01-18 01:24 | TOOLS

初心者的ストロボ考~第2話~

a0049195_1451066.jpg
Nikon D40 / Ai AF Nikkor 50mm F1.8D / SB-400


室内でペットをブレずに撮る!
という場面を想定して、猫よりちょっと大きめのぬいぐるみを撮ってみました。

撮影環境は↓こんな感じです。
・被写体の高さはベッドの上(床から40cmの辺り)
・照明は蛍光灯+環境光(昼なので意外と明るいかも)
・天井の高さは約2.5メートル(一般的な日本のマンション)

D40をMモードにして、SB-400を90度にセット。
ホワイトバランスはオートでISOは200固定。
露出補正や調光補正は±0(そもそもMモードなのでEV±は無いです)
絞りは1.8でシャッター速度は1/200秒。※1
あとはスピードライトにおまかせ。

※1:K20Dと比べようと思って1/200にしてありますが、D40+SB400の組み合わせなら最大1/500秒まで可能です。

More
[PR]
by o-n-o2 | 2009-01-11 15:31 | TOOLS

初心者的ストロボ考

a0049195_1265836.jpg
唐突ですが、スキン変えてみました。いつの間にか軽そうでシンプルなスキンが追加されてたので、それに背景のシマシマをちょっと追加してあります。


さてさて、この1枚の写真。
写ってるのはコタツとみかんとK20Dですが、この写真を撮ったのはNikon D40。
キットレンズにスピードライトSB-400を付けて、天井でバウンスさせて撮影してます。
タイトルは「天気が良いのに寒さと強風に挫けて、コタツでデジカメいじりながら、録画してあったお正月特番を見つつ、ダラダラすごす休日の一コマ」


自分が何も知らない頃に考案したオリジナル撮影法は、
 ・マニュアルモードで、とにかくシャッタースピードを可能な限り早く。
 ・絞りはボケ具合を見ながらテキトーに。
あとは勝手にスピードライトが光の量をイイ感じに調整してくれるので(←ここ感動するところ)、これでブレもなく、ISOも200固定のツルッツルでノイズレスな写真が簡単に撮れます。

TTLストロボ最高~!!

などと喜んでいたのは、けっこう以前の話。
まぁ、その…、なんと言うか、段々欲が出てきちゃいましてですね。
暗い室内で、三脚も使わず、ISO感度も上げずに、手軽に”縦位置撮影”がしたい~みたいな。

More
[PR]
by o-n-o2 | 2009-01-11 02:38 | TOOLS

謹賀新年

a0049195_13481052.jpg
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

More
[PR]
by o-n-o2 | 2009-01-02 13:59 | PHOTO

Macのガンマを2.2にしてみました

a0049195_145292.jpg
Windowsの方は機械で計って画面の色調整をしてあるので、マックの方をWinに合わせてガンマ1.8から2.2に変えてみました。マックと言ってもマクドナルドではなくMacintosh。

壁紙はニコンのサイトで落としてきたD40の物。
Winと同じだとモニターを切り替えた時に間違いやすいので、リンゴマークを入れてみました。




a0049195_183715.jpg
これはフォトショップエレメンツの画面。
アドビ製品はモニター設定をいじってカラープロファイルが更新されると、自動で作業スペースも更新してくれるようです。

ちなみにMac版のエレメンツは6までしか出てません。Win版は7まで出てるのに…。
昔はPhotoshop使いたいがためにMac買う人もいたんですよ~ヽ(;´д`)ノ




a0049195_1113099.jpg
サファリ(インターネットブラウザ)で見るとこうなります。

同じ液晶ディスプレイ、同じガンマ値でも、Macで見た方が綺麗に見えるのはどうしてなんでしょ…。
[PR]
by o-n-o2 | 2008-12-15 01:14 | TOOLS

キャリブレータのインプレ

a0049195_21391984.jpg

モニターの色調整用に、カラーキャリブレータのhuey(ヒューイ)を買いました。

ブログ用の画像とかなら、ぶっちゃけ無調整のままでも問題ないっちゃぁ無いんですが…。
(見る人全てがモニターの色調整をきっちりやってるとは限らないので)

職業柄、たとえweb用の画像でも、RGB=128,128,128のグレーが赤みがかったり青っぽかったりするのは精神的によろしくないのです。

で、早速試してみたんですが、かな~~り気分スッキリ!
黒も白もグレーも、イライラせずに見られる状態になりました。
RAW現像のホワイトバランス調整などは随分楽にできますね。
いやぁ~、こんなことならLCD購入と同時にhueyも買っておけばよかった。




a0049195_21565982.jpg

持ち運び用に、すっきり収納できる構造になってました。


プロ用のキャリブレータって10万円は軽く越えてたと思うんですが、ここ何年かの間に、エントリーモデルが5万円を切り、ついには2万円を切るところまで来てますので、RAW現像にハマってる方や、自分のモニターの色に自信が無い方など、試してみてはいかがでしょうか。



調整が終わると↓こんな感じのiccプロファイルが出来上がります。
(○○の所はモニター名など、元のプロファイルの名前が入ります)
C:\WINDOWS\system32\spool\drivers\color\huey○○○△△△.icc

Lightroomならプリントモジュールのカラーマネジメントのプロファイルにこれを指定してやればそんなに大ハズシはしないと思います。(まだ試してませんが)
Photoshopなどは自動でカラー設定の作業用スペースがこれに置き換わってました。

特に難しい操作もなく、カラーキャリブレーションの難解な用語など覚えずとも誰でも簡単に使えそうです。
[PR]
by o-n-o2 | 2008-12-10 22:09 | TOOLS