人気ブログランキング | 話題のタグを見る

色々インプレ

フォトショの小技


PENTAX K100D / Photoshop

先日わざわざ携帯メール3通も(←三重送信)発射して問い合わせてくれた某氏のために、フォトショの小技を書いてみます。↑の写真が完成見本。
以前このエントリーでベルサイユ的な~とか言ってたソフトフィルターぽい加工方法です。

フォトショの小技_a0049195_1431889.jpg←サンプルはこれ。

はじめてK100Dを外に持ち出してやたらと寄りまくって撮っていた時の写真。

何処にピントが合ってるんだか解らない写真ですが、もっとポワポワにしてそういう細かい問題をごまかすテクを軽く紹介してみます。





フォトショの小技_a0049195_1453389.jpg
フォトショの安い方「Photoshop Elements」を使って手順を書いてみます。
うちのはかなり昔に買った物なのでバージョンは2とか3辺りだったと思います。



フォトショの小技_a0049195_1455767.jpg1.まずはレイヤーを複製します。
「背景」と書かれた鍵アイコンのあるレイヤーをそのまま下の新規レイヤーアイコンにドラッグ&ドロップ。

これで「背景 のコピー」というレイヤーが複製されます。



フォトショの小技_a0049195_1461590.jpg2.複製したレイヤーをぼかします。

今回のサンプルは全体的にボケ気味な写真だったので20pixelほどぼかしをかけています。
6メガピクセルのデジカメで撮った写真(3008x2000ピクセル前後)なら半径10pixel以上はぼかした方が効果が解りやすいと思います。



フォトショの小技_a0049195_1463286.jpg3.複製→ぼかし→の次はレイヤーの重ね方を「スクリーン」にします。

画像のRGB値を加算することによって、黒い部分(RGB:000)は元画像が透けて見え、明るい部分はポワポワに見えます。



フォトショの小技_a0049195_1464973.jpg4.このサンプルでは不透明度100%だとちょっとポワポワし過ぎなので、75%まで落としてみました。



フォトショの小技_a0049195_147461.jpg5.更に暗い部分もポワポワさせるため、「背景 のコピー」を複製し、今度は乗算で重ねます。
暗くなりすぎないよう不透明度を20%まで落として完成です。



フォトショの小技_a0049195_1472196.jpg640x480ピクセルくらいの小さな画像なら、エフェクトブラウザの中にそのまんま「ソフトフォーカス」という効果が入ってます。
これはぼかした画像を「比較(明)」で重ねた状態を自動で処理してくれるもの。
ただ、この機能は大きな画像だとボケが足りずにイマイチ上手くいきません。


「フォトショのエフェクトのソフトフォーカスで一発っしょ!」とうかつに言い放った自分の言葉を信じて上手くいかなかった某氏。マジごめんなさいwwwwww
by o-n-o2 | 2007-03-09 01:49 | TIPS