人気ブログランキング | 話題のタグを見る

色々インプレ

初心者的ストロボ考~第2話~

初心者的ストロボ考~第2話~_a0049195_1451066.jpg
Nikon D40 / Ai AF Nikkor 50mm F1.8D / SB-400


室内でペットをブレずに撮る!
という場面を想定して、猫よりちょっと大きめのぬいぐるみを撮ってみました。

撮影環境は↓こんな感じです。
・被写体の高さはベッドの上(床から40cmの辺り)
・照明は蛍光灯+環境光(昼なので意外と明るいかも)
・天井の高さは約2.5メートル(一般的な日本のマンション)

D40をMモードにして、SB-400を90度にセット。
ホワイトバランスはオートでISOは200固定。
露出補正や調光補正は±0(そもそもMモードなのでEV±は無いです)
絞りは1.8でシャッター速度は1/200秒。※1
あとはスピードライトにおまかせ。

※1:K20Dと比べようと思って1/200にしてありますが、D40+SB400の組み合わせなら最大1/500秒まで可能です。





で、結果、普通に何の問題も無く撮れました。
が、もうちょっとポワ~ンとした感じの、ソフトでマイルドなイメージと言うか何と言うか…ダカフェ日記のような写真にしたかったので、調光補正を+1.0にしてみました。
あと、天井が完全な白ではないせいか、オートホワイトバランスがイマイチだったので、1枚目の写真はRAW+BASICで撮ったRAWの方を現像時に補正してあります。


初心者的ストロボ考~第2話~_a0049195_14324374.jpgこれが調光補正±0で撮った写真。
RAW+BASICのJPEGの方をリサイズした物です。


初心者的ストロボ考~第2話~_a0049195_14341298.jpgSB-400直射の写真がこれ。これもRAW+BASICのJPEGの方をリサイズした物です。
上手く影が隠れてるので一瞬これでもいいやとか思ってしまいそうですが、これが寝転がってるリラックマではなく生きた犬や猫だった場合、目が怖い色に写りそうです。


初心者的ストロボ考~第2話~_a0049195_1439349.jpgストロボ無しの蛍光灯+環境光のみの写真。
1/60秒でこの明るさなので、意外と明るい感じでした。夜間なら1/15秒とかザラなので、手振れ補正の無いカメラでは三脚ないと不安な状況です。



これと同じ状況をK20D+シグマEF-530で撮り比べしようと思ったんですよ。
で、ニコンの50mmF1.8Dに合わせるために、ペンタのFA50mmF1.4を付けて、F1.8まで絞って撮影してみたら…

あらやだ、普通に撮れるじゃない('д')

昨夜のあの超ドアンダーな失敗写真はなんだったのか……。
よくよく考えたら使っていたレンズが違いました。昨晩はDA35mmF2.8マクロ。
被写体までの距離や天井からの距離なども昨晩とでは異なっているため、念の為DA35mmに付け替えて撮ってみたら…

やっぱりドアンダー(;´д⊂)


ここからは初心者の勝手な憶測なんですが、もしかしてフラッシュ側がカメラに付いてるレンズIDとか認識して、このレンズならこのくらい光らせるとか予め予測してたりするんでしょうかね?
もしそうなら古いFA50ではドアンダーにならず、最新のDA35でドアンダーになるという話もなんとなく想像つくのですが…。
でもこれじゃ、P-TTLの意味が無いですよねw

念の為、ペンタのキットレンズとタムキューとシグマ17-70でも試してみたんですが、FA50以外は暗くて使い物にならない写真しか撮れませんでした。
ていうか、冷静にPC上でD40とK20Dの写真を比べてみたら、FA50+EF-530の組み合わせでも、D40+SB-400より暗いので、やはりまともには使えていないということかと思います。

これがこの製品の仕様なのか、それとも異常動作なのか、一応シグマのサポートに問い合わせてみようと思います。
by o-n-o2 | 2009-01-11 15:31 | TOOLS