人気ブログランキング | 話題のタグを見る

色々インプレ

続Photomatixのインプレ

続Photomatixのインプレ_a0049195_1403412.jpg
PENTAX K100D Super / DA FISH-EYE 10-17mm

3.0日本語版のインプレのつづきです。とりあえずお約束の「HDRイメージを生成」~「トーンマッピング」
うちの環境だと何故か縦位置で撮った写真だけエラーが出て落ちちゃってたんですが、一旦アンインストールしてからウィルスバスターを終了してPhotomatixを入れなおしたら直りました。
似たような症状の方は、アンチウィルスソフトや常駐ソフトを切ってから入れなおすと直るかも。







続Photomatixのインプレ_a0049195_1471789.jpg
元画像はこの3枚。
K100Dの絞り優先オートで、オートブラケット±2.0EVで撮ってあります。
手持ち撮影なので、等倍で見ると自動で補正しきれないくらいずれてました。


続Photomatixのインプレ_a0049195_1434391.jpg
こっちはPhotomatixの「露出合成」で作成した写真。
トーンマッピングで派手派手に仕上げることはできないのですが、説明書によると「HDRイメージを生成」よりもノイズが出にくくなるようです。PhotoshopやPhotoImpactの合成結果に近い感じに仕上がりました。


そういえば、なんだかちょっと変かも…と思っていたペンタのストロボですが、お客様相談センターにメールしてみたら、一旦ストロボとK20D本体を入院させることになりました。
そんなわけで、既にK20Dは手元にないので、今回はK100Dで撮った写真を載せてます。





続Photomatixのインプレ_a0049195_151742.jpg
PENTAX K100D Super / DA FISH-EYE 10-17mm



続Photomatixのインプレ_a0049195_1512937.jpg
このレンズ、ちょっと油断すると、すぐ自分のつま先がフレーム入ってきてしまうので、縦位置で撮る時は要注意ですw


続Photomatixのインプレ_a0049195_1515332.jpg
日本語版のマニュアルには、謎だったパラメーターの説明の他、HDRイメージ用の元素材の撮り方なども載ってるので、英語版しか持ってない方は一度体験版をダウンロードしてみてはいかがでしょうか。
by o-n-o2 | 2009-01-24 02:01 | TOOLS